DAIのゲーム日記へようこそ

ブログDAIのゲーム日記へお越しいただきありがとうございます。

このブログは人間のクズである自分が書いています。
フレンドお申し込みの方はこの記事にコメントを行ってください。
プライバシーのため、非表示コメントでお願いします。

注意 この記事は常にトップです。
   この記事にフレンド登録や連絡、対戦などのお申し込み以外の書き込みは禁止です。
   フレンド登録希望の方は必ずこの記事で書き込んでください。
   また、フレンド募集等は予告なく停止する場合がございますのでご了承ください。
   この記事のコメント、及び非公開コメントは返信いたしません。
ブログ内でのタメ口及び、荒らしの書き込みは激禁です。
これを繰り返すようであれば書き込み、及びアクセス禁止にさせていただきますので何卒よろしくお願いします。

ドラゴンクエスト10
マイページ
メインキャラ
サブキャラ
サードキャラ
一応フレは受け付けていますが最初に書いてあった通り、自分は人を傷つける事しかできない人間のクズなので相当な覚悟が必要です。
(↑実際に問題発言等でフレ切られた事ありますので。)
なお、チーム勧誘は断固お断りです。

3DS及びWii Uのフレンドコードは受け付けていませんのでそれらの書き込みは削除対象です。

以上です。
スポンサーサイト

プラチナトロフィー獲得記録7「ゴッド・オブ・ウォーHD」


海外で大人気のゴッド・オブ・ウォーシリーズ一作目のプラチナトロフィーを獲得しましたー。
このゲームはPS2に出たソフトでPS3用にHD化されました。
グラフィックはPS2ではかなりのレベルなのですがHD化したとはいえど初期のPS3のグラフィックに近いので時代の流れが感じさせます。
ゲームの方は斬新さはあまりないものの敵と戦うアクションはなかなか面白く、レベルを上げると出来る事も増えるので幅が広がるのです。
難易度は高めですが、何度も死ぬと難易度を下げる事が出来る救済処置がある点もポイントです。
そして主人公のクイレトスは無慈悲でチョイ悪な感じが魅力的ですよー。
トロフィーの条件は作業要素がほとんどなく、ストレスをあまり感じさせません^_^
また、シリアスなこのゲームにもおふざけ要素があり牛のコスチューム(魔法無制限)が笑えますたwww
PSnowで出来るゴッド・オブ・ウォーシリーズはこれを含めて4作あるのでそれらもプレイして行きたいところなのです^_^

ドラクエ10日記620「初めてのアンノウン装備^_^」


ダークキングを倒し続ける事数ヶ月、ダークゼリーが先日ようやく30個集まり、アンノウンシールドを手に入れましたー(*・ω・)ノ
この為に気が遠くなるほどダークキング1と戦いまくり、数え切れないほどの竜牙石を消化しますた。
竜牙石は基本的にバザーでは買わず、おまじないでコツコツと集めていたのでやったかいがありましたよー。
アンノウン装備は文字が光るギミックがあって見ているだけでも楽しいのです^_^
3・5前期からは一度手に入ればチャガナからいつでも買えるので嬉しいですよー。
アンノウン装備のみならず常闇装備とネレウス装備も魅力的なのでそれらの装備も集めていきたいと思います。

ドラクエ10日記619「死神のピアス&カードボス連戦。」


昨日は後期の新情報が入ってきましたー。
いよいよ最終決戦がやってくるみたいなので楽しいです^_^
さて、一昨日にユッキーさん、オジョーさん、シャカさんとカードボス三戦に行ってまいりましたー。
今回はスライダークと戦ってあのアクセが手に入りましたー。

画像が多いので続きはこちらです↓

続きを読む

プラチナトロフィー獲得記録6「ラチェット&クランクINTOTHENEXUS」


ps3のラチェット&クランクシリーズ、最後の作品NEXUSのプラチナトロフィーを獲得しましたー^_^
フューチャーシリーズと比べると本編が短くステージも少ないので物足りない感じがありますがそれでも安定した面白さなのです。
重力とネザーをテーマにした今作のアクションがなかなか面白く、特にクランクステージはやりこみたくなります。
また、ジェットパックの操作がとても面白く、生身での空中戦は今までのシリーズにはなかったのでとても印象に残りましたー♪
psnowの期間はまだまだ長いので次はゴッド・オブ・ウォーのトロフィーを集めて行きますよー。

ドラクエ10日記618「突入!嵐の領界後編 全ての道が繋がった。」


嵐の領界の冒険の記事の後編でーす。
中編を書いてからかなり時間が経ってしまいましたwww
最後の領界をクリアしたら予想通り炎の領界と繋がりすべての道が繋がりました。
後編は意外なボス戦になりびっくりしますた。
なお、この冒険は前期での出来事になっております。

ネタバレ注意

続きはこちらです↓

続きを読む

テーマ : ドラゴンクエストⅩ
ジャンル : ゲーム

ドラクエ10日記617「突撃!死神スライダーク!!」


スライダークのコインが追加されてから翌日に野良の人とスライダーク戦に挑みましたー。
今回の戦いで挑んだ構成は戦2、僧侶、道具(自分)の物理型の定番の構成。
ボス部屋に入るとスライダークがいるのですがいきなり後ろ姿で驚きますた。
スライダークの正面に行き、ここで記念撮影していざ戦闘に突入!

スライダークは範囲攻撃がたくさんあるのでこれらを理解してかわして戦うのがコツなのです。
サンダーブレードと連続ドルマドン以外は離れれば当たらないのですがその分強力ですた。
中でも厄介なのが即死効果持ちのギロチンカッターと呪い効果のあるカーズスラッシュ。
自分は呪い耐性を用意しなかったので呪われる事が多くて皆さんの足を引っ張ってしまいました...。
さらには黄色になると使ってくるEXモードは30秒間物理ガード&60秒間ダメージ2倍&ステータス強化という凶悪な特技でとにかくダメージ必死ですた。
何度か全滅しかけることがありましたが初見で撃破し「闇英雄スラッシャー」の称号と破片を入手しましたー。
かなりの強敵でしたが無事に撃破する事が出来て良かったのです。
EXモードは賢者の零の洗礼が有効みたいなので次は賢者で行ってみたいところなのです。

プラチナトロフィー獲得記録5「BEYOND tow souls」


前回のラチェット&クランク突撃Qフォースに続き、ビヨンドのプラチナトロフィーを獲得しましたー♪
このゲームはヘビーレインと同じ制作会社であり、前作のヘビーレインにあった雰囲気も引き継がれている感じがするのです^_^
まずグラフィックは進化しており、キャラの動きや肌の質感や服のシワなど技術の進歩が感じられます。
次に操作感は前作より操作しやすくなっていて快適です。
時々出てくるQTEに失敗しても前作と同様ゲームオーバーにならず、成功したルートや失敗したルートと進むのでそれらを見るのも楽しみの一つだと思います。
また、ボタン表示のないスローになる場面はジョディの動きに合わせてスティックを倒すギミックも面白く、やりがいがありますよー(`・ω・´)
ストーリーの方はSFファンタジー的な要素があり、ヘビーレインはサスペンスドラマ、ビヨンドは映画みたいな感じがしました。
マイナス点では時系列がバラバラでわかりにくく、人によっては話がわかりづらかったりします。
プレイしていると一応伏線が回収できるわけなのですがあまり感じられないのです~_~;
それを解決するのはPS4版でそちらは時系列通りにプレイできるモードがあるのです。
このゲームはエイデンを操作して倒したり憑依したりできる点も注目ポイントなのですができるキャラは固定だったのでその点も残念です。
主人公は単独なのでストーリー分岐点はヘビーレインより少なく何だか物足りない感もあるのです。
総合的な感想を言いますとストーリーとしてはヘビーレインの方が面白く、一部を除く総合点はビヨンドの方が面白かったと思います。
また機会があればPS4版もプレイしてみたいのです。

ドラクエ10日記616「スライダークコインを求めて福引をやった結果」


今月の7日から新コインボス「死神スライダーク」が新たに追加されましたー。
先日の福引ランドのイベントで貰った福引券を含めて約1450枚あったので実施初日に回してきましたよー。
約150回以上10連で回した結果はスライダーク4枚、ジェネラル5枚、Sキラーマシン7枚。
予想以上にスライダークが当たってとても嬉しいですよー。
スライダークの報酬は合成するとかなり強いらしいので値段も高いのです。
その翌日、野良の人とスライダーク戦って来たのでそちらは次の記事に書いて行きたいと思います。

プラチナトロフィー獲得記録4「ラチェット&クランク 銀河戦隊Qフォース」


先月のGWにpsnowのセールがあり、期間限定で12ヶ月コースがあったのでそちらに加入しますた。
これで一年間はpsnowがプレイ出来るので出来る限りps3のトロフィーを集めて行きますぞー。
さて、12ヶ月コース加入し新たにラチェット&クランク銀河戦隊Qフォースのプラチナトロフィーを獲得しましたー。
このゲームは以前のpsnowからプレイしており、コツコツとトロフィーを集めますた。
プレイ感想は従来のラチェット&クランクシリーズのような探索アクションではなくミッションクリア型で指定されたミッションをクリアして行きまーす。
敵を倒して進むだけでなく時には基地を守る事になったりします。
基地を守るには防衛ガラメカが必要なのですがボルトの数も考えながら設置する必要があるので計画を立てる必要がある点もなかなか面白いです。
トロフィーは限界を超えろ以外は比較的に簡単なのですが一部獲得が面倒です。
一番面倒だったのが鉄のオトコでどのくらい走ったかは表示されず、気が遠くなりそうでした。
ヒーローアカデミーはランクマッチをやらないと手に入らず、しかも発売から4年以上経っているのでマッチングしないかと思いましたが運良くマッチングしましたよー。
ラチェット&クランクをトロコンしたのでお次は密かにプレイ中のビヨンドのプラチナトロフィー獲得を目指して頑張りたいと思います
プロフィール

DAI

Author:DAI
自己紹介
性別 男
都道府県 田舎だと思いますww
誕生日 12月21日

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード