ドラクエ10日記468「3・1完結 業火の聖塔 前編」


先日ようやく3・1のストーリーをクリアして来ましたー(・ω・)ノ
これでようやく3・2のストーリーに進めるのでーす(≧∇≦)
長くなるので今回は前編を書きまーす。

ネタバレ注意

続きはこちらです↓

聖都エルジャナにあるナドラガ教団の大神殿へと向かうと総主教オルストフと出会いますた。
彼の話によるとナドラガンドは邪悪なる意志と呼ばれてモノによって異変が起きており、聖鳥も邪悪なる意志の影響で魔炎鳥に変えられたそうな。
ナドラガ教団は邪悪なる意志と戦う解放者を求めているの事。
立ち話の後は神殿内の集会所へと向かい、今後の活動について会議する事になり集会所へと向かいましたー。
集会所へ入入ると会議が始まり、ナドラガンドの世界は炎、氷、闇、水、そして嵐の5つの領界に分かれており、邪悪なる意志と対抗するには5つの領界を繋ぐ必要があるそうな。
まずは氷の領界を繋ぐべく、業火の塔の試練を挑んでいるのですが誰も突破出来てない模様。
会議が終わり、エステラに頼まれ彼女の部屋へと向かうのでーす(・ω・)ノ
部屋に入るとここでさらわれた友人の事を話すのですが邪悪なる意志は神の器を手に入れるべくその手先が主人公の友人をさらっているの事。
友人を探す為には氷の領界への道を開く必要があるそうで、その為には業火の聖塔の試練を突破しなければならないのです。
入り口に入るための試練は突破出来たのですが水の中にある燭台に火を灯す試練ができてない模様。
その試練を乗り越える手がかりを探すべくにエステラにマティルの村へと向かってほしいと頼まれました。

正門から出て北にあるマティルの村へと向かい、2階にある祭壇の部屋に入るとエステラがやって来て彼女の幼少の頃の話を聞く事に。
マティルの村は彼女の故郷で死病によって村人はエステラを除いて皆死に滅びたそうな。
たった一人残されたエステラは総主教オルストフに拾われて神官になったのでーす。
話の後は祭壇にあった奉炎のトーチを取り出し、フェザリアス山へと向かいまーす(・ω・)ノ

フェザリアス山に入り、聖鳥の炎を授かるにはトーチに力を宿す必要があるの事。
力を宿すにはフェザリアス山にいるエルダーフレイムを7匹倒す必要があるので倒していきますた。
エルダーフレイム自体はそれほど強くはないのですがエモノ呼びがないと日替わりほどではありませんが地味に面倒なのです(~_~;)

エルダーフレイムを7匹倒し、力を宿ったので頂上にある聖鳥の幽居へ向かいまーす。
幽居へたどり着き、エステラにトーチを渡すと聖鳥が現れ、炎を授かりましたー^_^
これで水の中にある燭台を灯す事ができそーです。
次回は後半戦で業火の聖塔の出来事を書きまーす(・ω・)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DAI

Author:DAI
自己紹介
性別 男
都道府県 田舎だと思いますww
誕生日 12月21日

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード