プラチナトロフィー獲得記録1「デッドライジング」


今回から新たに新コーナー、プラチナトロフィー獲得記録を書いていきたいと思います。
このコーナーを作ろうと思ったのはプラチナトロフィーを獲得したけどプレイ日記を書いてなかったゲーム及びトロフィーの感想を書いていきまーす。
第一弾となるプラチナトロフィー獲得記録はデッドライジング。
発売初日にダウンロードで購入したのですがプレイを始めたのはゼノバースのプラチナトロフィーを獲得してからですたf^_^;
このゲームは限られた時間で本編やサイドケースを攻略していくのですがそれらを無視してもエンディングが見られるので自由度が高い所がポイント。
ストーリーは完全にシリアスなのですがコスチュームによってはその雰囲気をぶち壊しますwww
レベルが低いうちは足が遅く、できるアクションが少なくてストレスを感じますが上がっていくと早くなったり強力なアクションが出来るようになるのでここからが本番と言わんばかりに強くなり爽快感が来ますよー^_^
そしてトロフィーの方は一周目から出来る限り集め、アンブレイカブルとフォーリングダウンが結構難しかったです。
真のエンディングを見れば無限モードが追加されるのでだけどリアルメガバスター推薦みたいだったのでそれをプレイする前にゾンビジェノサイダーのトロフィーを獲得。
リアルメガバスターを獲得し無限モードに挑戦するもライフル版カリートに倒されて一度投げ出すもしばらくしてからリベンジし何とか7デイサバイバーのトロフィーを獲得しましたー^_^
残るトロフィーは3度目の本編で集め念願のプラチナトロフィーを獲得( ´∀`)
きつかったトロフィーは上記の2つとハーレム、PPコレクター、無限モード関連、通信中毒ですた。
初代デッドライジングは難易度が高い分スリリングがあり、シリーズ最高傑作である理由がわかった気がしました。
さて、プラチナトロフィー獲得後はデッドライジング2をプレイしひとまずオーバータイムをクリアして来ました(・ω・)
クリアだけならまだしもco-op関連のトロフィーが難しく、特にTIR関連のトロフィーがきついのでプラチナトロフィーは諦めモードなのですf^_^;
せめて獲得できそうなトロフィーを集めるべくゾンビジェノサイダーを目指していた時に時折エラーになり緊急終了してしまった事が何回もあったので時間がかかりそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DAI

Author:DAI
自己紹介
性別 男
都道府県 田舎だと思いますww
誕生日 12月21日

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード